読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちゃまの竹本

賃金はいつまで経っても上がらないのに物価だけは引き上げようとやけに政府は熱心です。物価が高くなったならば企業の収益力も上がり、その結果、株価上昇につながることになります。


銀行等に余剰資金が眠っていれば、株の投資といったことをはじめるとよいです。株をやる方法はとても簡単です。
口座を証券会社に創ればよいだけになります。



現在はネット証券といったものもありますから、取引自体もスムーズにできます。
自分は最近、株をはじめたばかりの駆け出し者です。株を購入して、ある程度得したら、すぐに売るべきなのか、他に、長期保有したほうが儲けになるのか分からず、今なお悩んでいます。
http://npraoiraegtrhsstirwben.hatenablog.com/


長く手基に置いていると、優待などもありますし、苦悩するところです。株式投資をしている人の大半は買った株をどういうタイミングで売り抜けるかということに苦悩するかも知れません。
けれども、天井付近で株式を売り抜けるのはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」ぐらいの意気込みで売り抜けられればいいと思います。

私は最近、株をはじめたばかりの新米で、株初心者の本を買いもとめ、勉強しています。参考になった本も多いのですが、「ん?こっちの本と書いてあることが違ってる?」と少々疑問をもってしまうような本もありましたが、良い点も悪い点も一切を勉強していきたいです。株を買うことにおいて、充分な時間を確保できることは重要なポイントです。



日本最大の市場である東京証券取引所が開いている時間はAM9時からPM3時の間ですから、より良い価格で株を売買するためにはこの時間に時間を取れることが好ましいのです。この点、主婦の方というのは、新米であっても有利な立場で株式への投資が可能と言えるでしょう。


株式投資はとても魅力のある投資のやり方の一つです。ですが、株の売買には各種のリスクも伴います。
株の重大なリスクとしては、値下がり、流動性、倒産などの危険があります。

株式投資は定期預金などとは別で、元本保証がありません。


株の初心者は、その危うさを十分に認識して注意深く投資を行う必要があります。


私が持つ株がここしばらくは、かなり激しく上下しているので、儲かるかも知れない株、下がるかも知れない株を自分自身で判断し、売ったり買ったりしています。ときどき失敗して、マイナスとなることもありますが、今のところ収支はプラスとなっています。

プラスのまま売り抜けられたら嬉しいな、なんて思います。株には詳しくない者が基礎知識習得のためにやらなければならないことは、とりあえずは、株式投資関連の本の中で、評判の良い本を5冊以上読まなければならないと思います。

五冊も株式投資についての本を読めば、読んだ本の中の同じ内容の部分は大切なところだということがわかるからです。